前へ
次へ

訪問ヘルパーはどんな資格が必要になるのか

訪問ヘルパーが最近、とても需要が高くなってきているといえるでしょう。
訪問ヘルパーとは訪問介護員のことであり、要介護者に対して居宅に訪問をして、その家での介護を行うというサービスを提供することになります。
訪問ヘルパーの良いところはいくつもありますが、割とやりやすいということがあります。
介護保険法に基づいて訪問介護をやる人というのをホームヘルパーとも呼ぶようにもなっています。
これは資格が必要になります。
介護職員初任者研修を修了していることが条件になっています。
これは昔はホームヘルパー2級の資格がないと駄目なわけです。
しかし、2013年4月1日の介護保険法施行規則改正が行われて、同等の資格ということで介護職員初任者研修が出来ました。
これがないと訪問ヘルパーにはなれないということになりますから、まずはそれを取得するようにしましょう。
そもそも訪問ヘルパーの為の介護職員初任者研修は施設介護でも使えるものになりますから、とりあえず訪問ヘルパーかどうかはともかくとして介護の仕事を目指すときに取得することになります。

Page Top